職業に縛られないモビットの便利さ

近年では様々な雇用のスタイルがありますし、正社員でなくとも派遣社員などの形態で働いているという方も多ことでしょう。
派遣社員は、アルバイトやパートよりも地位・収入が高いとはいえ、審査などにおいてはやはり正社員と同じレベルでの表面上の信頼を得ることは難しいという噂を耳にしたことはありませんか。
では、派遣社員ではモビットを利用することは難しいのでしょうか。その実際のところについて考えてみたいと思います。

 

派遣社員でもモビットは利用できる!

結論として、派遣社員でもモビットの審査を通過することはできますし、審査に通過しさえすれば問題なくカードローンを利用できます。ただし、正社員に比べると審査を通過できる確率が低くなってしまうことは避けられませんし、年収面以外の属性や利用履歴で厳しい評価を受けて利用できなかった、というケースも残念ながら見受けられます。
しかし、それは「派遣社員だから」という単純な理由ではありません。正社員のように、毎日同じ企業で働くというスタイルの方の場合は、審査にマイナスになることは少ないのですが、勤務日数が月に数日である、というスタイルだとか、日雇いのような形態での勤務だとすれば、その限りではありません。
というのも、こうした勤務スタイルの場合は「安定した収入である」と判断することが難しいためであり、そうなってしまうと審査に通過することは難しいでしょう。
基本的には審査は一定の基準をもとに申込者本人について総合的に行われるため、あくまでもその本人にしっかりした返済能力があるかどうか、ということが大切なのです。
つまり、派遣社員であることが、審査を特別厳しくするということにはなりませんので、恐れることなく申し込んでみることをおすすめします。

 

パートやアルバイトでもモビットを利用できる!

派遣社員に限らず、パートやアルバイトで収入を得ている主婦や学生の方でもモビットを利用してカードローンを借りることは可能です。しかし、これらの非正規雇用の場合は派遣社員よりも収入が少ないことが普通です。そうした場合に、しっかり審査を通過できるかどうかが不安、というのも仕方のないことです。
しかし、実際のところは審査に通過できる可能性は十分にありますし、パートやアルバイトの方でもローンを利用することができます。
たとえば、これが銀行系のカードローンでの審査となると、正社員以外の方の場合は審査を通過することが難しいということが多いですが、モビットでは職業による申し込みの制限は設けられていません。安定した収入があるかどうか、という個人の返済能力があるとみなされれば、モビットを利用することができるでしょう。
派遣社員の場合と同じく、パートだから、とかアルバイトだから、といった理由だけで審査が厳しくなるというものでもありません
つまり、勤務形態が表面上正社員であるかどうか、ということよりも、その実態に安定した収入があり、しっかり支払できる返済能力があるかどうか、ということが大切なのです。

 

 



モビットを利用するにあたって、正社員の肩書は絶対必要!というわけではない、とお分かりいただけたでしょうか。
派遣社員などの非正規雇用のスタイルで働く方にも、十分にカードローンを利用できる可能性はあるわけですが、過去に延滞をした履歴があるとか、現在進行形で他社での借入をしている場合などは審査に通過しづらくなってしまいます。この延滞には、携帯電話料金の延滞なども含まれますし、心当たりのある方は十分に注意してください。
職業などの条件というよりは、あくまで「この人にお金を貸しても大丈夫だろうか」貸主に不安を与えないことが大切なのです。