主婦がモビットを利用するにあたって

主婦でも利用できる!というカードローンが最近増えつつあります。モビットを利用するなら、Web完結型の申込で気軽・簡単に申込もできますし、即日融資などのサービスも充実しています。主婦でもパートやアルバイトなどでの一定の収入がある場合には、モビットを利用することができますし、審査や融資までのスピードに魅力を感じるという方にもぴったりです。
ただし、主婦がモビットに申し込むためには、その収入を証明する「収入証明書」を提出しなくてはならないため、あらかじめ準備しておくようにしましょう。
今回は、主婦がモビットを申し込むにあたっての注意点について、以下でもう少し詳しくみていきます。

 

モビットを利用するための収入基準

無事審査を通過して、モビットを利用することができるようになるための収入として、月に5〜6万円以上という額があれば安心でしょう。
しかし、総量規制という借入額の上限についての制限が法律上定められているため、証明できる収入が少なければ、それだけ借入できる額が少なくなってしまいます。
具体的には年収の1/3を超える額の借入ができない、ということなのですが、そもそもあまりにも収入が低いという場合には審査を通過することは難しいでしょう。

 

無収入の方はモビットを利用することができません

モビットが審査に際して判断するのは、本人自身の収入です。専業主婦で収入がないということになると、総量規制により一切融資を受けることができなないのです。そうした場合は、本人ではなく配偶者名義での申込をしなくてはなりません。
もしくは、銀行が提供するカードローンは総量規制の対象外となっていますから、申し込むことは可能ですが、基本的に配偶者の収入に基づいて審査を受けることになります。この場合は本人に収入が無くても審査に通過できる可能性があり、本人名義での借入をすることも可能です。

 

配偶者に知られたくない場合

上記のように、配偶者の年収をもとに審査されるということになると、配偶者に内緒での借入を行うということは難しいでしょう。
しかし、モビットであれば申込に際して「本申込について配偶者は知らない」という項目にチェックを入れることで、自宅や勤務先に審査の電話が入る際に十分な配慮を受けることができますし、配偶者、その他家族、職場の同僚などに知られずにカードローンを利用することができるはずです。
内緒でカードローンを利用したいという場合は、できるだけ収入などの条件を満たしてモビットでの借入ができる状態を目指した方が良いでしょう。

 



主婦でも利用できるカードローンを上手に利用すれば、やりくりが楽になるということはあるでしょう。しかし、配偶者の理解を得ることが難しいということも珍しくありません。お金を借りたいという事情は人それぞれに発生するものですが、人に知られずにお金を借りたいと考えるのは自然なことです。そんな時、個人のプライバシーに配慮されたモビットのサービスは非常に魅力的です。
とはいえ、配偶者に内緒で借りて返してということが、深刻なトラブルを招くこともあるかもしれません。そのため、無理せず自分の状況や目的をしっかり整理して、必要とあれば金利の安い銀行系カードローンを利用できるよう相談してみるなどして、無理のない暮らしを送ることが大切なのではないでしょうか。