あなたのプライバシー、保護します

カードローンを利用するためには、金融機関に申込を行い、そこで行われる審査を通過する必要があります。そしてその審査の際には、在籍確認のため職場へ電話が入るということが通常です。もちろん、消費者金融を名乗って在籍確認である、という旨の電話が入るわけではありませんし、すぐに同僚などに知られないような配慮はなされていますが、それでも怪しまれてしまう確率は高いと言えるでしょう。
そんな利用者の目線に立って、あまり借金を人に知られたくないという場合に有効な「Web完結型」のサービスがモビットでは人気です。

 

WEB完結型の申込

職場に電話されたくない、家に書類を郵送してほしくない、などと考える方は少なくありません。モビットでは、そうした方にとって便利なWeb完結型のローンを展開しています。
Web完結型に申込する場合には、職場や年収を証明する書類をすべてあらかじめ準備しておく必要はありますが、在籍確認の電話や契約書などをすべて省略して手続きを完了させることができるため、家族や同僚に借入していることを知られる確率はかなり低くなります。プライバシーを保護してほしい、という利用者の気持ちによく配慮したサービスだということで、Web完結の人気が高まっています。

 

Web完結型の必要書類

モビットでのローン利用を申し込む場合には、インターネットを介した2種類の方法があります。ひとつは従来のWeb申込で、もう一つはWeb完結型の申込です。
従来のWeb申込では、借入希望額が少ない場合には、本人確認の書類だけでOKなのですが、Web完結の場合は少々書類が増えます。
しかし、それは職場への在籍を証明する書類などのように、取得が困難だとか作成が難しいというような書類ではありませんので、それほど苦労することもなくWeb完結に申し込むことが可能でしょう。

 

書類の例

以下が、実際にWeb完結型で必要とされる書類の一例です。

 

・勤務先が発行する保険証
社会保険証や組合保険証など、職場に在籍している確実な証拠になる書類を提出する必要があります。

 

・所得を証明する初老位
源泉徴収票や所得証明書のように、所得の金額を証明できる書類を提出しなくてはなりませんが、在籍期間などの関係でこれらの書類がすぐには準備できないこともあるでしょう。そうした場合は直近2ヶ月分の給与明細があれば審査を進めることができますが、その際にはできるだけ賞与明細も一緒に提出するようにしましょう。所得についてできるだけ詳しい情報を提供することが、審査をうまく進めるコツです。

 

銀行口座が必要です

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていることが、Web完結でローンを利用する条件となっています。そのため、申込の前にどちらかの銀行で口座を開設しておく必要があります。
もし口座を開設することができないという場合には、Web完結型の申込を利用することができませんので、従来通りのWeb申込を行わなければいけません。

 


Web完結
今回Web完結型の申込について一通り見てきましたが、書類や銀行口座が必要という点はあるにしても、それほど難解な課題ではないため、多くの方がWeb完結を利用して申込することができるのではないかと思います。
一般企業で正社員として在籍している方であれば、必要書類を準備することは簡単ですし、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行は全国的に展開されているメガバンクですから、営業時間内に店舗に赴くことができればすぐに口座を開設することもできます。
事前の準備に少々時間がかかるかもしれませんが、Web完結型の申込はそれを補っても余りある利便性を誇りますので、是非とも利用していただきたいと思います。