利用限度額を増額するためには?

モビットを利用し始めたころは、利用限度額は50万円未満ほどに設定されています。これは、モビットで借入することができる上限額ということで、「消費者金融の宣伝では、数百万円が上限というのを見たことがあるけど…?」と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、モビットでの審査は丁寧かつ慎重に行われますし、その結果上限額が30万円程度になることのほうが多いと言われています。
一般的な、生活の足しにするなどの利用を考えているならそれでもOKですが、他社でも借入があるときに、その返済総額を抑えるテクニックであるおまとめローンを考えているような場合には、その額では満足できないということもあるでしょう。
利用限度額については、その額が大きければ大きいほど便利に利用できるということになりますが、ではこの利用限度額をもっと大きくするためにはどうすればよいのでしょうか。

 

利用限度額と極度額

利用限度額は、その他消費者金融と同じく、借入することができる上限の額として設定されるものなのですが、モビットの場合はそれとは別に「極度額」という金額が設定されることになります。
これはどういうことかというと、「利用限度額=現在借入することができる最大の額」であり、「極度額=将来においてそこまで拡大される予定の限度額」という点で違っているのです。
つまり、極度額で定められた額までは、現時点では借りることはできなくとも、利用状況によってはそこまで限度額が引き上げられる可能性がある、というものなのです。
借入・返済などの利用実績に傷がなく、信用できる利用者だということをモビットが判断した場合には、限度額が増額されるということです。

 

極度額の範囲での増額

モビットの確実な利用実績を積み重ねていれば、利用限度額が増額されていくということはわかりました。
では、その実績をどれほど重ねれば、実際に利用限度額が増額されるのでしょうか。
具体的には、「最低でも半年」と言われています。利用開始から半年を経過すると、モビットでの利用実績や、他社での借入や返済の状況を調査されます。そして、問題なく返済しているとわかれば、モビットでの限度額が増額されることになるでしょう。
また、モビットの利用会員専用のサービスである「Myモビ」から、利用限度額を増額してほしい、という申請を出すことができます。この申請を出した時点で、利用状況などについての基準を満たすことができていた場合には、そのまま利用限度額を増額してもらうことができます。モビットの調査を待つよりも、能動的・積極的に増額を望む場合は、申請してみることをおすすめします。

カードローンは常に自分の返済能力をふまえて利用することが大切です
利用限度額が増額されれば、その上限額まで借りたいと考えるのは普通のことです。
しかし、少し待ってください。
そうして上限額いっぱいまで借入してしまうということは、借り過ぎて返済ができなくなってしまうというトラブルが起こる確率が高くなります。返済を忘れたりするというミスは気を付ければ避けることができるにしても、事故や病気、冠婚葬祭などの緊急な出費については、予測や準備をすることが難しいですから、ひょんなことから返済不能となってしまうこともあり得るのです。
つまり、利用限度額や極度額の数字に惑わされることなく、自分の返済できる範囲内での借入を考え、常に計画的に利用することが大切なのです。
「あと●●万借りられる」ということではなく、自分の返済能力の中で、余裕をもって借りることを心がけましょう。